マルバルコウ

Ipomoea coccinea

  • マルバルコウ
  • マルバルコウ
  • マルバルコウ
  • マルバルコウ
  • マルバルコウ
  • マルバルコウ
  • 花名
    マルバルコウ
  • 学名
    Ipomoea coccinea
  • 別名マルバルコウソウ
  • 原産地熱帯アメリカ
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 植物園, 鉢花
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月

マルバルコウとは

マルバルコウ(丸葉縷紅、学名: Ipomoea coccinea)は熱帯アメリカ原産で、ヒルガオ科サツマイモ属の一年生蔓性植物です。夏~秋に、星型の小さな花を咲かせます。葉は卵形で先端が尖ります。

■ルコウソウの仲間
似た花を咲かせるものに、
ルコウソウ(縷紅草、学名:Ipomoea quamoclit)や、
マルバルコウ(丸葉縷紅、学名: Ipomoea coccinea)
モミジルコウ(紅葉縷紅、学名:Ipomoea × multifida)
があります。
いずれも、熱帯アメリカ原産で、ヒルガオ科サツマイモ属の一年生蔓性植物です。
大きな違いは葉の形で、ルコウソウは涼しげな羽状複葉、マルバルコウは丸くて先が尖った葉、モミジルコウは紅葉のような掌形をしています。

一般名:ルコウソウ(縷紅草)、学名:Ipomoea quamoclit、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ナス目ヒルガオ科サツマイモ属 、原産地:熱帯アメリカ 、蔓長:2~3m、開花期:7月~10月、花冠形:ロート型で先端が五裂、花径:2㎝、花色:赤、白、ピンク、黄色。


  • ナス
  • ヒルガオ
  • サツマイモ
  • マルバルコウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型一年生蔓性植物
  • 花の色赤 桃 黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花