アサガオ原種’北京天壇’

Ipomoea nil cv. tendan

  • アサガオ原種’北京天壇’
  • アサガオ原種’北京天壇’
  • アサガオ原種’北京天壇’
  • アサガオ原種’北京天壇’
  • 花名
    アサガオ原種’北京天壇’
  • 学名
    Ipomoea nil cv. tendan
  • 別名Tendan, 北京天壇, ペキンテンダン, 朝顔, アサガオ
  • 原産地熱帯アジア
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月

アサガオ原種’北京天壇’とは

アサガオ 原種’北京天壇’(Tendan、学名:Ipomoea nil cv. Tendan)は熱帯アジア原産で、ヒルガオ科サツマイモ属の蔓性一年草です。北京近郊の天壇で採集されました。日本の古来の朝顔に最も近い品種とされます。葉は緑色で一般的な朝顔形の鉾形で、花色は青で花弁に切れ込みが無く丸い。早朝に開花し、午前中の早い時間に萎んでしまいます。

一般名:アサガオ原種’北京天壇’、学名:Ipomoea nil cv. Tendan、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科サツマイモ属アサガオ種、原産地:中国、生活型:蔓性一年草、茎長(蔓長):100~300 cm、葉形:鉾型、 葉縁:全縁、葉序:互生、花序:岐散状=二出集散花序(dichasium)、花形:先端が丸く開いた円錐形、花径:5 cm、雌蕊数:3心皮、雄蕊数:5、花色:青、花筒色:白、開花期:7月~9月、果実型:朔果、種子色:黒。 


  • ナス
  • ヒルガオ
  • サツマイモ
  • アサガオ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    2出集散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    矛形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型蔓性一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花