変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’

Ipomoea nil 'kisuisyofuiriutikomi'

  • 変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’
  • 変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’
  • 花名
    変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’
  • 学名
    Ipomoea nil 'kisuisyofuiriutikomi'
  • 別名黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲, 変化朝顔, キスイショウフイリウチコミキレザキバアオアサキレザキ, Ipomoea nil 'kisuisyofuiriutikomi', Henka asagao 'kisuisyofuiriutikomikirezakibaaoasakirezaki’
  • 原産地日本の園芸品種
  • 開花場所園芸品種, 鉢花
  • 開花期

変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’とは

変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’(ヘンカアサガオ ’キスイショウフイリウチコミキレザキバアオアサキレザキ’ Henka asagao 'kisuisyofuiriutikomikirezakibaaoasakirezaki’、学名:Ipomoea nil 'kisuisyofuiriutikomi')は、アサガオ(朝顔)の園芸品種「変わり咲き朝顔(変化朝顔)」の一品種です。朝顔(学名:Ipomoea nil)とは、熱帯アジア原産で、ヒルガオ科サツマイモ属の蔓性一年草です。夏~秋に、ラッパ型で花冠が鮮青色の花を咲かせます。葉に斑が入る。

一般名:変化朝顔 ’黄尾長竜田葉紺白切咲’(ヘンカアサガオ キオナガタツタバコンツツジロキレザキ’ (Henka asagao 'kisuisyofuiriutikomikirezakibaaoasakirezaki’)、学名:Ipomoea nil ''kisuisyofuiriutikomi’、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科サツマイモ属アサガオ種、原産地:日本の園芸品種、朝顔の原産地は熱帯アジア、生活型:蔓性一年草、茎長(蔓長):100~300 cm、葉形:紅葉、葉縁:全縁、葉序:互生、花序:岐散状=二出集散花序(dichasium)、花冠形:トランペット型、花径:5~20 cm、雌蕊数:3、雄蕊数:5、花色:青色、開花期:7月~9月、果実型:朔果、種子色:黒。


  • ナス
  • ヒルガオ
  • サツマイモ
  • アサガオ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    2出集散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    矛形
  • 葉縁
  • 生活型蔓性一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径5.0 ~ 20.0 cm

ランダムな花