サンゴアブラギリ

Jatropha podagrica

珊瑚,酒器

  • サンゴアブラギリ
  • サンゴアブラギリ
  • サンゴアブラギリ
  • サンゴアブラギリ
  • サンゴアブラギリ
  • サンゴアブラギリ
  • 花名
    サンゴアブラギリ
  • 学名
    Jatropha podagrica
  • 別名トックリアブラギリ, 徳利油桐, Jatropha podagrica, ヤトロファ ポダグリカ
  • 原産地中南米
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉恋する伊達者

サンゴアブラギリとは

サンゴアブラギリ(珊瑚油桐、学名:Jatropha podagrica)は、中南米原産で、キツネノマゴ科ヤトロファ属の熱帯性低木(塊根植物)です。別名でトックリアブラギリ(徳利油桐)、英名ではBudda's Belly、学名のヤトロファ・ポダグリカとも呼ばれます。原産地では、森林地帯に自生します。樹高30〜100cm程で、幹はトックリ形をしています。葉には長い葉柄があり、明るい緑色で掌状に3〜5裂します。夏から秋に、トックリ状の幹から長い花茎を出し先端に集散花序を伸ばし、珊瑚に似た朱赤色の小さな五弁花を多数付けます。花後に緑色の丸い果実が成り黒熟します。花言葉は「恋する伊達者」です。

花名に珊瑚と付く植物特集「珊瑚」

一般名:サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)、学名:Jatropha podagrica、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目キントラノオ目トウダイグサ科ヤトロファ属(タイワンアブラギリ属)、別名:トックリアブラギリ(徳利油桐)、Budda's Belly、ヤトロファ・ポダグリカ(Jatropha podagrica)、原産地:中南米、生活環境:森林地帯、生活型:低木(塊根植物)、樹高:30〜100cm、幹:トックリ形、葉色:明緑色、葉形:掌状に3〜5裂、葉身長:15〜20cm、葉柄長:15〜30cm(長い)、雌雄異花、花序形:集散花序、小花色:朱赤、花柄色:朱赤、花径:1cm、開花期:6月~11月。


  • キントラノオ
  • トウダイグサ
  • ヤトロファ
  • ヤトロファ・ポダグリカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型熱帯性低木(塊根植物)
  • 花の色赤 橙
  • 葉の色
  • 実の色緑 黒
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花