ツバキカズラ

Lapageria rosea

チリの国花

  • ツバキカズラ
  • ツバキカズラ
  • 花名
    ツバキカズラ
  • 学名
    Lapageria rosea
  • 別名Chilean bell flower, Lapageria rosea
  • 原産地チリ南部
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期4月, 5月, 6月

ツバキカズラとは

ツバキカズラ(椿葛、学名:Lapageria rosea)はチリ原産で、フィレシア科ツバキカズラ属の高山性・半耐寒性・常緑蔓性多年草です。チリの国花で、南部森林に自生します。春~初夏に、葉腋から1~3個の赤いラッパ状の6弁花を下向きに咲かせます。ハチドリが受粉する鳥媒花です。果実は細長く、食用となります。

共通名:ツバキカズラ(椿葛)、学名:Lapageria rosea、又名:Lapageria rosea(ラパジュリア・ロセア)、Chilean bell flower、分類名:植物界被子植物単子葉植物ユリ目フィレシア科ツバキカズラ属(ラパゲリア属)ツバキカズラ種、蔓長:5~10 m、葉序:互生、葉色:濃緑色、葉針長:6~10 cm、葉形:卵状披針形、花の形:鐘型、花色:赤・白、花筒長:7~10 cm、繁殖:鳥媒花。


  • ユリ
  • フィレシア
  • ツバキカズラ
  • ツバキカズラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型高山性蔓性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花