ゲッケイジュ

Laurus nobilis

  • ゲッケイジュ
  • ゲッケイジュ
  • 花名
    ゲッケイジュ
  • 学名
    Laurus nobilis
  • 別名ローレル, 月桂樹, Laurel
  • 原産地地中海
  • 開花場所公園, 街路、植栽
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「勝利」

ゲッケイジュとは

ゲッケイジュ(月桂樹、学名:Laurus nobilis)とは、地中海原産で、クスノキ科ゲッケイジュ属の耐寒性常緑高木です。編んだ葉が勝者の頭上に冠されることで有名です。春〜初夏、薄黄色の小花を咲かせます。果実は小さく、秋に暗紫色に熟します。細長い葉は触ると芳香がし、乾燥させてベイリーフとして、カレーなどの香料に使います。街路樹や、庭園樹、生垣、刈込に使われます。

一般名:ゲッケイジュ(月桂樹)、学名:Laurus nobilis、別名:ローレル(Laurel)、ローリエ、スイートベイ(Sweet bay)、Bay tree(ベイ・ツリー)、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物類クスノキ目クスノキ科ゲッケイジュ属、原産地:地中海、樹高:7~20m、葉質:厚く光沢有、葉色:緑、黄と白の斑模様、葉身:6~12cm、葉幅:2~4cm、観賞期:通年、雌雄異株、雌花:花被片4・雌蕊1・仮雄蕊4、雄花:花被片4・雄蕊8-12、開花時期:4月~5月、花色:黄、薄黄緑、花径:0.5~1cm、果実型:核果、果実径:1cm、用途:街路樹、庭園樹、生垣、刈込、葉をハーブとして使う


  • クスノキ
  • クスノキ
  • ゲッケイジュ
  • ゲッケイジュ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ700.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径0.5 ~ 1.0 cm

ランダムな花