オタカラコウ

Ligularia fischeri

  • オタカラコウ
  • オタカラコウ
  • 花名
    オタカラコウ
  • 学名
    Ligularia fischeri
  • 別名
  • 原産地日本、台湾、中国
  • 開花場所野原・畦道, 湿地
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月

オタカラコウとは

オタカラコウ(雄宝香、学名:Ligularia fischeri )は、ヒマラヤ、日本等の東アジア原産でキク科メタカラコウ((stenocephala))属オタカラコウ( fischeri )種の多年草です。夏に、尾瀬などの湿原で開花します。草丈は高く、直立した茎先に黄色い頭花をつけます。メタカラコウ(Ligularia stenocephala)と似ていますが、舌状花の数はメタカラコウ(stenocephala)が3枚程付くのに対し、オタカラコウ(fischeri )は8枚程度と多い。また、基部の葉がメタカラコウ(stenocephala)は尖るのに対し、オタカラコウ(fischeri )は尖らない。

一般名:オタカラコウ(雄宝香) 、
学名:Ligularia fischeri 、
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科メタカラコウ属オタカラコウ種 、
原産地:ヒマラヤ、日本等の東アジア、生息地:尾瀬など本州~九州 環境:山野、湿原などの草地 、
生活型:群生する多年草、草丈:100~200cm、葉長:30~60cm、葉形:心円形で基部は尖らない、葉縁:鋸歯あり、
開花期:7月~10月、花色:黄、花序形:総状花序、花冠:頭花、舌状花数:8、舌状花:2cm、見た目:野性的な花、備考:花は下から上に向かって咲く


  • キク
  • キク
  • メタカラコウ
  • メタカラコウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草で群生
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花