スイカズラ

Lonicera japonica

  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • 花名
    スイカズラ
  • 学名
    Lonicera japonica
  • 別名ニンドウ, 吸い葛, 忍冬, Lonicera, ロニセラ, キンギンカ, 金銀花, Japanese Honeysuckle
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 公園
  • 開花期5月, 6月, 7月

スイカズラとは

スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)は、日本原産でスイカズラ科スイカズラ属の常緑蔓性木本です。ニンドウ(忍冬)とも呼ばれます。晩春から初夏に、芳香のする白い筒状花を1箇所から2個咲かせます。花は咲き始めて後、時間が経つにつれて黄色→薄紫色に変化します。筒状花の先端は、花弁が上に4枚、下に1枚出ます。1本の雌蕊の周りには5本の雄蕊があります。同属種に、葉が茎を抱くように付くツキヌキニンドウ(突抜忍冬)や、赤い実が2個合着して瓢箪のように見える{{ヒョウタンボク}}(瓢箪木)があります。

一般名:スイカズラ(吸い葛)、学名:Lonicera japonica、別名:ニンドウ(忍冬)、ロニセラ、キンギンカ(金銀花)、Japanese Honeysuckle、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類マツムシソウ目スイカズラ科スイカズラ属スイカズラ種、原産地:日本、環境:空き地、樹高:100 cm、葉形:長楕円形、葉序:対生、葉縁:全縁、左右相称花、花弁型:合弁花、花序形:多散花序、花弁形:筒状花で先端が5裂、開花期:5月~7月、花色:白、花長:5 cm、花に芳香あり、果実型:液果、果実色:黒、結実期:9月~12月、用途:庭木、公園樹、生薬。


  • マツムシソウ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • スイカズラ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    多散花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑蔓性木本
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 100.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花