スイセンノウ

Lychnis coronaria

  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • スイセンノウ
  • 花名
    スイセンノウ
  • 学名
    Lychnis coronaria
  • 別名フランネルソウ, リクニス・コロナリア, Lychnis coronaria, 酔仙翁, Mullein pink
  • 原産地南ヨーロッパ
  • 開花場所野原・畦道, 庭
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月
  • 花言葉いつも愛して

スイセンノウとは

スイセンノウ(酔仙翁、学名:Lychnis coronaria)は、南ヨーロッパ原産で、ナデシコ科センノウ属の常緑多年草です。 ロゼット状の葉の中央から花茎を出し多数分枝して茎先に花を咲かせます。葉茎には細毛が生えているので、シルバーグレーのビロードの様に見えます。学名から、リクニス・コロナリア、葉茎がフランネルのように見えることからフランネルソウとも呼ばれます。
属名の「Lychnis」は「センノウ属」、種小名「coronaria」は「花冠に使われる」と言う意味です。花言葉は、「いつも愛して」。

一般名:スイセンノウ(酔仙翁)、学名:Lychnis coronaria、別名:リクニス・コロナリア、フランネルソウ、Mullein pink、株高:30~100 cm、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科センノウ属スイセンノウ種、葉形:披針形、葉序:対生、葉身長:5~12 cm、葉縁:全縁、花の咲き方:一重咲き、八重咲き、開花期:5月~8月、花径:2~3 cm、花序形:疎らな円錐花序、花弁数:5、果実型:痩果。


  • ナデシコ
  • ナデシコ
  • センノウ
  • スイセンノウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花