ノボタン

Melastoma candidum

  • ノボタン
  • ノボタン
  • ノボタン
  • ノボタン
  • ノボタン
  • ノボタン
  • 花名
    ノボタン
  • 学名
    Melastoma candidum
  • 別名Pink Melastoma, 野牡丹, ピンク・メラストマ
  • 原産地台湾、中国南部、インドシナ半島、フィリピン等の東南アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

ノボタンとは

ノボタン(野牡丹、学名:Melastoma candidum)は、台湾、中国南部、インドシナ半島、フィリピン等の東南アジア原産で、ノボタン科ノボタン属(メラストマ属)の常緑低木です。 葉は緑色で楕円です。秋に、枝先に薄紅紫色の五弁花を咲かせます。雄蕊の一部が黄色いです。 実を食べると口の中が黒紫色になります。
同じ別属に、ブラジル原産で、花色が濃紫色で雄蕊が紫色のシコンノボタン(紫紺野牡丹、学名:Tibouchina urvilleana )  があります。
シコンノボタン
の園芸品種には、房咲き品種「グランディフォリア」や、矮性品種「コートダジュール」、冬咲き品種(10月~12月)で小型、花色が変わる「リトルエンジェル」があります。これらはノボタンと付きますが、正しくはシコンノボタンを改良した品種です。

一般名:ノボタン(野牡丹) 、学名:Melastoma candidum 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目ノボタン科ノボタン属(メラストマ属)、別名:ピンク・メラストマ(Pink Melastoma) 、原産地:台湾、中国南部、インドシナ半島、フィリピン等の東南アジア 、生息分布:小笠原諸島、中国南部~フィリピン、ハワイ諸島 、樹高:100~200 cm、花期:7~12月、花色:淡紅紫・濃桃。


  • フトモモ
  • ノボタン
  • ティボウキナ
  • ノボタン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径3.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花