オヒア・レフア

Metrosideros polymorpha

ハワイの固有種

  • オヒア・レフア
  • オヒア・レフア
  • オヒア・レフア
  • オヒア・レフア
  • 花名
    オヒア・レフア
  • 学名
    Metrosideros polymorpha
  • 別名ハワイフトモモ, 'Ohi'a Lehua, ハワイフトモモ, Rose apple, ohia lehua
  • 原産地ハワイ州(アメリカ)
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期

オヒア・レフアとは

オヒア・レフア('Ohi'a Lehua、学名:Metrosideros polymorpha)は、ハワイ固有種で、フトモモ科オガサワラフトモモ属の常緑高木です。花のように見えるものは、雄シベが集まって房状となったものです。ハワイ語でオヒアはハワイフトモモの木を指し、レファ(Lehua)は花のことです。赤花はハワイ島のレイの花となっています。赤花の他に、黄や、白、桃、橙、薄黄緑があります。ハワイ伝説では、火の女神ペレの逆鱗に触れ、恋人オヒアが醜い木に変えられて泣き崩れる娘レフアを見かねて神々がレファをオヒアの木に咲く赤い花に化身させたと伝えられます。

一般名:オヒア・レフア('Ohi'a Lehua)、学名:Metrosideros polymorpha、別名:ハワイフトモモ、Rose apple、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱フトモモ目フトモモ科オガサワラフトモモ属(ムニンフトモモ属)、原産地:ハワイ州(アメリカ)、樹高:20-25 m、幹径:~90 cm、葉序:対生、花色:赤、黄、白、桃、橙、薄黄緑、用途:ハワイ島のレイ、ハワイ島花。


  • フトモモ
  • フトモモ
  • オガサワラフトモモ
  • オヒア・レフア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    多弁形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑性高木
  • 花の色白 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 25000.0 cm
  • 花径8.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花