バショウ

Musa basjoo

  • バショウ
  • バショウ
  • バショウ
  • バショウ
  • 花名
    バショウ
  • 学名
    Musa basjoo
  • 別名Japanese basjoo, 芭蕉, ムサバジョウ, Musa basjoo
  • 原産地中国南部
  • 開花場所温室
  • 開花期

バショウとは

バショウ(芭蕉、学名:Musa basjoo)は、中国南部原産で、バショウ科バショウ属の耐寒性多年草です。葉鞘が2~3 mとなり繊維が芭蕉布に使われます。沖縄では繊維を使って芭蕉布を織り特産品としています。 根や葉、花、種子は漢方楽の材料として用いられます。バショウの同属に、別名でミバショウ(実芭蕉)と呼ばれるバナナ(Banana、学名:Musa × paradisiaca)があり、両者はとても良く似ています。バショウとバナナを見分けるには苞の色で判断します。バナナの苞は紫色ですが、バショウの苞は緑色か薄黄色です。 また、果実は、バナナは大きくなって食べられるのに対し、 芭蕉の果実は大きくならず黒い種ばかり多くて食べられません。 芭蕉は耐寒性がありますが、バナナは寒さに弱いです。

一般名:バショウ(芭蕉)、学名:Musa basjoo (ムサバジョウ) 、別名:Japanese basjoo(ジャパニーズ・バショウ) 、Japanese fiber banana(ジャパニーズ・ファイバーバナナ)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物ショウガ目バショウ科バショウ属、原産地:中国南部、生活型:耐寒性多年草、草丈:200~300 cm、葉色:緑、葉形:長楕円形、葉長さ:150 cm、葉幅:50 cm、用途:芭蕉布、観賞用。


  • ショウガ
  • バショウ
  • バショウ
  • バショウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花