ムスカリ

Muscari spp.

  • ムスカリ
  • ムスカリ
  • ムスカリ
  • ムスカリ
  • ムスカリ
  • ムスカリ
  • 花名
    ムスカリ
  • 学名
    Muscari spp.
  • 別名グレープヒアシンス, Grape hyacinth, Muscari
  • 原産地地中海沿
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「有用・有益」

ムスカリとは

ムスカリ(Muscari、学名:Muscari spp.)とは、地中海沿岸原産で、キジカクシ科ムスカリ属の耐寒性球根植物です。春に、花茎先端に、葡萄の果実に似た釣鐘型の青紫、または白色の小花を多数房状につけます。花姿がヒヤシンス(Hyacinth)や、 ブドウ(葡萄)と似ているので、 別名でグレープ・ヒアシンス(Grape hyacinth)とも呼ばれます。 紫色の花を咲かせるムスカリは、ルリムスカリ(瑠璃 Muscari)という別名があります。草丈が低く、光沢がさほど無いので切花には向きません。比較的地味な花ですが、小柄で可愛らしく、群生して咲いていると独特の雰囲気があります。繁殖は球根で行います。 ムスカリ・アルメニアカム(Muscari Armeniacum)はコバルト色をした定番品種です。ラティフォリウム(M. latifolium)は花茎上部が薄青紫で、下部が暗紫色の2色咲きのムスカリ原種の一つです。アズレウム(M.azureum)は 水色の花を咲かせます。アズレウムアルバはアズレウムの白花品種です。ネグレクタム(M. neglectum)は、小花上部が薄青色で、下部が濃紫で口先に白線が入った品種です。

一般名:ムスカリ(Muscari)、学名:Muscari spp. 、別名:グレープヒアシンス(Grape hyacinth)、ルリムスカリ(瑠璃 Muscari)、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目キジカクシ科ムスカリ属 、原産地:地中海沿岸 、草丈:15~30cm、開花期:3月~4月、花色:青紫・白色。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ムスカリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    壺形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 20.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花