キンコウカ

Narthecium asiaticum

  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • 花名
    キンコウカ
  • 学名
    Narthecium asiaticum
  • 別名Bog Asphodel, 金黄花
  • 原産地日本
  • 開花場所高山, 湿地, 亜熱帯地域
  • 開花期7月, 8月
  • 花言葉物忘れ

キンコウカとは

夏に、尾瀬のような低山~亜高山の湿地をトレッキングしているとゼンテイカ(別名、ニッコウキスゲ)に混じって、同じ黄色ですが姿の異なる花が咲いていました。金黄花です。

キンコウカ(金黄花、学名:Narthecium asiaticum)は、キンコウカ科キンコウカ属の草丈の低い多年草です。 (亜)高山の湿地に群生します。葉は根生葉でハナショウブ(花菖蒲)に似た剣状をしており、緑色ですが秋に紅葉します。 夏に根生葉の間から細い花茎を出し先端から花序を伸ばし、黄色い六弁花を多数付け増す。花は下から上へ咲き上がります。花名は花色に因みます。残念ながら、有毒植物で、牛などの家畜が食べると摂食障害を起こします。 有毒植物特集については←をご覧ください。

一般名:キンコウカ(金黄花)、学名:Narthecium asiaticum、別名:Bog Asphodel、分類名:植物界被子植物単子葉植物ヤマノイモ目キンコウカ科キンコウカ属、生息地:尾瀬など本州中部以北〜北海道、環境:亜高山〜高山の湿原、生活型:群生する多年草、草丈:25〜30cm、根生葉、葉形:アヤメ似た剣状の線形、花序形:総状花序、花色:黄色、小花径:0.3cm、小花形:星型、小花の花弁数:6枚、花の咲き方:下から上へ咲く、花の開き方:平開、開花期:7月〜8月、毒の有無:有毒植物、用途:観賞用


  • ヤマノイモ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • キンコウカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    6弁花
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型高山性多年草、群生、毒草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ25.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.3 cm

ランダムな花