ネオレゲリア・ファイアーボール

Neoregelia 'fireball'

  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • 花名
    ネオレゲリア・ファイアーボール
  • 学名
    Neoregelia 'fireball'
  • 別名Neoregelia 'Fireball', ネオレゲリア, ファイアーボール
  • 原産地園芸品種(原種はブラジル)
  • 開花場所温室, 園芸品種, 観葉植物
  • 開花期4月, 5月, 6月

ネオレゲリア・ファイアーボールとは

ネオレゲリア・ファイアーボール(学名:Neoregelia 'Fireball')は、パイナップル科ネオレゲリア属の 半耐寒性・多肉性・常緑多年草です。
広線形のロゼッタ状の根生葉を持ち、肉厚は厚く樋状に外側が立ち上がり、葉縁に棘があります。株の中心にある短い筒部に水が溜まる構造となっており、春~夏に薄紫色の花を咲かせます。 ファイアーボール(Fireball)は、葉縁の外周から内側へ順に、白→ロゼッタ色→ 中心部がワインレッドとなる小型の園芸品種です。

ネオレゲリア・カロリナエ(N. carolinae)は普段は緑色の根生葉が出ているだけで 目立ちませんが、開花期には中央部の葉が赤くなり、白覆輪の青花を咲かせます。

一般名:ネオレゲリア・ファイアーボール(Neoregelia 'Fireball')、学名:Neoregelia 'Fireball'、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネ目パイナップル科ネオレゲリア属、原産地:園芸品種(原種はブラジル)、環境:熱帯雨林、草丈:30~40 cm、葉色:白→ロゼッタ色となり→ 中心部がワインレッド、葉縁:硬い棘、花色:紫、開花期:4月~6月、用途:花や葉を鑑賞、備考:着生。


  • イネ
  • パイナップル
  • ネオレゲリア
  • ネオレゲリア・ファイアーボール
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    卵形/楕円形
  • 葉形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型観葉植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.5 ~ 1.0 cm

ランダムな花