オフィリス・ボンビリフローラ

Ophrys bombyliflora

  • オフィリス・ボンビリフローラ
  • オフィリス・ボンビリフローラ
  • 花名
    オフィリス・ボンビリフローラ
  • 学名
    Ophrys bombyliflora
  • 別名オフィリス ボンビリフローラ, Bumblebee orchid, マルハナバチラン, Ophrys bombyliflora, Bee orchid, オフリス・ボンビリフローラ, ビー・オーキッド
  • 原産地地中海沿岸
  • 開花場所温室
  • 開花期4月, 5月

オフィリス・ボンビリフローラとは

オフィリス ボンビリフローラ(学名:Ophrys bombyliflora)は、地中海沿岸原産で、ラン科オフィリス属の多年草の野草です。着地性の春咲き地生ランで地下に球根があります。現地では草原や空き地に自生します。草丈5cm程と小さいです。春に、直立した茎を出し、茎先に雌のマルハナバチ(丸花蜂)に似せた花を咲かせます。顔のように見える花弁(ペタル)と萼片(背パル)は緑色で、丸い茶色の花粉塊は蜂の目、赤茶色の唇弁(リップ)は鼻と口のように見えます。

一般名:オフィリス ボンビリフローラ、学名:Ophrys bombyliflora、又名:ビー・オーキッド(Bee orchid、蜂蘭)、バンブルビー・オーキッド(Bumblebee orchid、 マルハナバチラン、丸花蜂蘭)、原産地:地中海沿岸、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キジカクシ目ラン科オフィリス属オフィリス ボンビリフローラ種、株高:5 cm、葉形:披針形、花径:0.7~1 cm、開花期:4月~5月、花弁色:緑色、唇弁色:赤茶色、花粉塊色(目のように見える):茶色。


  • キジカクシ
  • ラン
  • オフィリス
  • オフィリス ボンビリフローラ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 5.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花