ヘクソカズラ

Paederia scandens

  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • 花名
    ヘクソカズラ
  • 学名
    Paederia scandens
  • 別名ヤイトバナ, 灸花, スカンク・バイン, Skunk vine, Paederia scandens
  • 原産地日本~東アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期7月, 8月, 9月

ヘクソカズラとは

ヘクソカズラ(屁糞葛、学名:Paederia scandens)は、日本~東アジア原産で、アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草です。 他の草木に蔓で絡まる雑草です。花弁は先端が5深裂した鐘形で、花色は白で基部が紅色をしています。とても小さい可愛らしい花ですが、葉茎は悪臭がするので英名では’Skunk vine’と呼ばれます。

一般名:ヘクソカズラ(屁糞葛)、学名:Paederia scandens 、分類:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科ヘクソカズラ属 、別名:ヤイトバナ(灸花)、スカンク・バイン(Skunk vine) 、生息分布:日本全国~東アジア、環境:日当たりの良い山野、荒地 、蔓長:2~3 m、開花期:7月~9月、花径:1 cm、花長:1 cm、花形:鐘状花で先が5深裂、花色:白地で基部は紅色、雄蕊数:5本、雌蕊数:1本、葉形:広卵形~披針形、葉序:対生、葉縁:全縁、托葉:葉柄の根元に三角形の托葉、果実径:0.5 cm、果実色:黄褐色。


  • リンドウ
  • アカネ
  • ヘクソカズラ
  • ヘクソカズラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    複集散花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型蔓性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花