オオカニコウモリ

Parasenecio nikomontanus

  • オオカニコウモリ
  • オオカニコウモリ
  • 花名
    オオカニコウモリ
  • 学名
    Parasenecio nikomontanus
  • 別名大蟹蝙蝠, クロベカニコウモリ
  • 原産地日本
  • 開花場所低山, 特定の地域
  • 開花期8月, 9月, 10月

オオカニコウモリとは

オオカニコウモリ(大蟹蝙蝠、学名:Parasenecio nikomontanus)はキク科コウモリソウ属の多年草の雑草です。東北地方〜中国地方の日本海側で山地の林縁や湿った場所に群生します。緑色の葉は大きく、五角形で葉縁に粗い鋸歯があり互生してつきます。

一般名:オオカニコウモリ(大蟹蝙蝠)、学名:Parasenecio nikomontanus、別名:クロベカニコウモリ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科コウモリソウ属オオカニコウモリ種、生息分布:東北地方〜中国地方の日本海側、生活環境:山地の林縁や湿った場所、生活型:多年草、草丈:50〜80cm、葉色:緑、葉形:五角形、葉縁:粗い鋸歯、葉序:互生、花序形:散房花序、花色:白色、花形:筒状花、開花期:8月〜10月。


  • キク
  • キク
  • コウモリソウ
  • オオカニコウモリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草の雑草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 80.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花