カマツカ

Photinia villosa

  • カマツカ
  • カマツカ
  • 花名
    カマツカ
  • 学名
    Photinia villosa
  • 別名Christmas berry, oriental photinia, 鎌柄, Kamatsuka
  • 原産地北米生まれ、ロシアで育種改良
  • 開花場所
  • 開花期

カマツカとは

カマツカ(鎌柄、学名:Pourthiaea villosa)は、日本、朝鮮半島、中国g編纂で、バラ科カマツカ属の落葉小高木です。北海道から九州の日当たりの良い林縁に自生します。春に花序を伸ばし小さな白い五弁花を20個ほど咲かせます。秋に付ける赤い果実はあまり美味ではないようです。秋に黄葉します。和名は材が丈夫で鎌の柄などに使われることに拠ります。

一般名:カマツカ(鎌柄)、学名:Pourthiaea villosa、又名:Christmas berry、oriental photinia、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科カマツカ属 カマツカ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、生活型:落葉小高木、樹高:5~7m、樹皮色:暗灰色、樹皮特徴:縦皺が入る、葉質:紙状で両面とも無毛、  葉色:緑、葉形:倒卵形、葉縁:細鋸歯、葉序:互生、花序形:複散房花序、花色:白、小花の花弁数:5枚、雌蕊数:先端で3裂、雄蕊数:20本、開花期:4月~6月、果実型:核果、 果実形:縦に長い楕円形で先端に萼片が残る、果実色:赤、果実長:0.8~1 cm、果柄色:茶色地に疣状皮目が目立つ、用途材は器具材、木は庭木や盆栽、薪炭、果実(鳥の食事)。


  • バラ
  • バラ
  • アロニア
  • アロニア・メラノカルパ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    杯形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径0.5 ~ 1.0 cm

ランダムな花