ジンダイアケボノ

Prunus x yedoensis 'jindai-akebono'

  • ジンダイアケボノ
  • ジンダイアケボノ
  • 花名
    ジンダイアケボノ
  • 学名
    Prunus x yedoensis 'jindai-akebono'
  • 別名サクラ, cherry tree, 神代曙
  • 原産地神代植物園で育種された交雑種
  • 開花場所庭, 公園, 街路、植栽
  • 開花期3月, 4月

ジンダイアケボノとは

ジンダイアケボノ(神代曙、学名:Prunus x yedoensis 'Jindai-akebono')とは神代植物公園で栽培されたエドヒガン(ソメイヨシノ)と他品種の交雑種とされます。葉に先行して花を咲かせることや花弁の形、開花時期が同じという親の性質を受け継いでいます。花はソメイヨシノより小振りですが、花色が濃く濃淡があります。てんぐ巣病に強いことから、ソメイヨシノの後継品種として、コマツオトメと共に栽培が奨励されています。

一般名:ジンダイアケボノ(神代曙)、学名:Prunus x yedoensis 'Jindai-akebono'、Cerasus × yedoensis 'Jindai-akebono'、別名:Jindai-akebono、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属、原産地:交雑種、樹高:3m、花冠:5弁、花の咲き方:上向き、開花期:3月~4月、花径:1.5~2.5cm、花色:桃色。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ジンダイアケボノ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 400.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花