ワラビ

Pteridium aquilinum

  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • 花名
    ワラビ
  • 学名
    Pteridium aquilinum
  • 別名ワラビナ, Bracken
  • 原産地日本などの温帯地方〜熱帯地方
  • 開花場所低山
  • 開花期

ワラビとは

ワラビ(蕨蕨、学名:Pteridium aquilinum)は、日本などの温帯地方〜熱帯地方原産で、コバノイシカグマ科ワラビ属のシダ類の多年草です。山菜の代表選手で、梅雨時〜初夏に、若芽を採取して野菜とします。蕨にはアクがあるので、調理前に木灰でアク抜きが必要です。近年の研究により、胞子部に発ガン性があるとされます。 シダ植物なので花弁は無く、胞子があります。

一般名:ワラビ(蕨)、学名:Pteridium aquilinum、別名:サワラビ(早蕨)、ワラビナ(蕨菜) 、分類名:植物界羊歯植物門シダ綱シダ目コバノイシカグマ科ワラビ属 、原産地:日本などの温帯地方〜熱帯地方、草丈:50〜200 cm、草幅:40 cm、若芽の採取期:6月〜7月、開花期:7〜10月、葉色:緑、茎色:緑〜茶、用途:食用、料理方法:木灰で湯掻いてから、御浸しや、山菜ソバ、油炒めなどに。


  • シダ
  • コバノイシカグマ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    3回羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年生山菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 200.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花