オキナグサ

Pulsatilla cernua

  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • 花名
    オキナグサ
  • 学名
    Pulsatilla cernua
  • 別名翁草, Pulsatilla cernua
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所野原・畦道, 低山, 鉢花
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「清純な心」

オキナグサとは

オキナグサ(翁草、学名: Pulsatilla cernua )は、日本、朝鮮半島、中国原産で、キンポウゲ科オキナグサ属の多年草です。日本では本州~四国、九州の山地の草原に自生します。花茎や葉など全体が白毛で覆われています。春に、茎先先端に暗紅色の花を1輪咲かせます。花(実際には、萼)は、開花時には下向きに咲き、咲き進むにつれて、徐々に上を向きます。花名は全草や種子に白毛があることを老人(翁)の白頭に見做して付けられました。キンポウゲ科の例にもれず、強い毒性を持ちます。その反面、民間薬として用いられます。 別種に、セイヨウオキナグサ(西洋翁草、 学名:Pulsatilla vulgaris)があります。
花言葉は「清純な心」です。

一般名:オキナグサ(翁草)、学名: Pulsatilla cernua、又名:プルサティラ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科オキナグサ属オキナグサ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、根生葉:2回羽状複葉、長い葉柄、小葉は深裂、茎葉:3枚の輪生、無柄、生活型:多年草、花茎高:10~40 cm、開花期:4月~5月、花色:暗赤紫色、花径:3cm、果実型:痩果 。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • オキナグサ
  • オキナグサ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    仮面状花冠
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花