ホソバシャクナゲ

Rhododendron makinoi

ネパールの国花

  • ホソバシャクナゲ
  • ホソバシャクナゲ
  • ホソバシャクナゲ
  • ホソバシャクナゲ
  • 花名
    ホソバシャクナゲ
  • 学名
    Rhododendron makinoi
  • 別名
  • 原産地園芸品種
  • 開花場所植物園
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉荘厳

ホソバシャクナゲとは

ホソバシャクナゲ(細葉石楠花、学名:Rhododendron makinoi)は、ツツジ科ツツジ属の低木であるシャクナゲ(学名:Rhododendron)の葉が細い品種です。花色は紅色と白があります。園芸品種が作種されていますが、自生地では絶滅の危機に晒されています。

一般名:ホソバシャクナゲ(細葉石楠花)、学名:Rhododendron makinoi、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属、分布:愛知と静岡県境の山地、園芸品種、樹高:50~180 cm、葉:細い、開花期:4月~5月、花色:紅紫・白、花径:5~10 cm。

●シャクナゲの種類
キバナシャクナゲ(黄花石楠花、学名:Rhododendron aureum)、シナシャクナゲ(シナ石楠花、学名:Rhododendron decorum)、{{ツクシシャクナゲ}}(筑紫石楠花、学名:Rhododendron metternichii)、 {{ハクサンシャクナゲ}}(白山石楠花、学名:Rhododendron brachycarpum)、ホソバシャクナゲ(細葉石楠花、学名:Rhododendron makinoi)


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑広葉樹の低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 180.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花