キリシマツツジ

Rhododendron obtusum

  • キリシマツツジ
  • キリシマツツジ
  • 花名
    キリシマツツジ
  • 学名
    Rhododendron obtusum
  • 別名キリシマ, ツツジ, 霧島躑躅
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 公園, 園芸品種, 盆栽, 鉢花
  • 開花期4月, 5月

キリシマツツジとは

キリシマツツジ(霧島躑躅、学名:Rhododendron obtusum)は日本固有種で、ツツジ科ツツジ属の常緑広葉低木です。九州南部の霧島山中に自生していたヤマツツジを選抜して改良されたものが江戸時代に江戸を中心に栽培され、その後、日本全国に広がりました。樹高は50~100cm程です。葉は緑色、長楕円形で、互生して付きます。4月~5月にシャクナゲに似た紅・紅紫・桃色・白花を枝先に2~3輪咲かせます。花径は2~3 cmで5裂します。雄蕊数は5本。用途は、盆栽、鉢植え、切り花、生け花、庭木、生垣、公園樹。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • キリシマツツジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花