ルドベキア・カプチーノ

Rudbeckia hirta cv. cappuccino

  • ルドベキア・カプチーノ
  • ルドベキア・カプチーノ
  • ルドベキア・カプチーノ
  • ルドベキア・カプチーノ
  • ルドベキア・カプチーノ
  • ルドベキア・カプチーノ
  • 花名
    ルドベキア・カプチーノ
  • 学名
    Rudbeckia hirta cv. cappuccino
  • 別名Rudbeckia Cappuccino, アラゲハンゴンソウ
  • 原産地園芸品種
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 切り花・生け花
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月

ルドベキア・カプチーノとは

ルドベキア・カプチーノ(Rudbeckia Cappuccino、アラゲハンゴンソウ、学名:Rudbeckia hirta cv. cappuccino)は、ヒルタ系の越年草です。中央にある盛り上がった茶褐色の花芯と、その周り取り巻く12枚程の花弁から構成されます。花弁は、基部が赤褐色で、先端が黄橙色をしています

生活型:越年草、草丈:30~70 cm、花径:8~13 cm、開花期:6月~10月、花色:花弁根元は赤橙色で先端は黄橙色、用途:切花、鉢花、花壇、コンテナ植え。


  • キク
  • キク
  • オオハンゴンソウ
  • アラゲハンゴウソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    へら形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型越年草
  • 花の色橙 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 70.0 cm
  • 花径8.0 ~ 13.0 cm

ランダムな花