サルビア・ガラニチカ

Salvia guaranitica

  • サルビア・ガラニチカ
  • サルビア・ガラニチカ
  • 花名
    サルビア・ガラニチカ
  • 学名
    Salvia guaranitica
  • 別名メドウセージ, Meadow Sage, nise sage, Anise-scented sage, Anise-scented sage
  • 原産地南米
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月

サルビア・ガラニチカ とは

サルビア・ガラニチカ (学名:Salvia guaranitica)は欧州や中南米原産で、サルビア属(アキギリ属)の宿根草多年草です。黒っぽい顎に蛇が口を開いたような形をした紫色の花を花枝に縦に連ねて咲かせます。花弁が散ると萼だけが残ります。

一般名:サルビア・ガラニチカ (Salvia guaranitica)、学名:Salvia guaranitica、別名:Anise sage ,Anise-scented sage、Anise-scented sage、メドウセージ(Meadow Sage) 、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類シソ目シソ科サルビア属(アキギリ属)サルビアガラニチカ種、原産:欧州や中南米、草丈:60~70 cm、葉序:対生、葉色:濃緑色、花序形:穂状/総状、花色:紫色、花冠形:唇状(上唇1、下唇1で3裂)、萼形:唇状(上唇3裂、下唇2裂)、 開花期:5月~7月。


  • シソ
  • シソ
  • サルビア
  • サルビア・ガラニチカ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型宿根草多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 70.0 cm
  • 花径3.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花