パープルセージ

Salvia officinalis 'purpurascens'

  • パープルセージ
  • パープルセージ
  • パープルセージ
  • パープルセージ
  • 花名
    パープルセージ
  • 学名
    Salvia officinalis 'purpurascens'
  • 別名ヤクヨウサルビア, Salvia officinalis, 薬用サルビア, Purple sage, Purpurascens
  • 原産地地中海沿岸
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月

パープルセージとは

パープルセージ(Purple sage、学名:Salvia officinalis 'Purpurascens')は、地中海沿岸原産でシソ科サルビア属(アキギリ属)の耐寒性常緑小低木又は多年草ハーブ「コモンセージ(Common Sage)」の変種の一つです。葉色が緑がかっています。属名の”Salvia”はラテン語の「salvare(治癒する)」に由来します。種小名の ”officinalis”は「薬効のある」と言う意味です。変種にはほかにゴールデンセージ(‘Icterina’ )やトリカラーセージ(‘Tricolor’)があります。

一般名:コモンセージ(Common Sage)、学名:Salvia officinalis 'Purpurascens'、又名:Common Sage、ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)、サルビア オフィシナリス、プルプラッセンス、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目シソ科サルビア属(アキギリ属)パープルセージ種、草丈:50~70 cm、葉形:長楕円形、開花期:5月~7月。


  • シソ
  • シソ
  • サルビア
  • セージ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性常緑小低木又は多年草のハーブ
  • 花の色紫 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 70.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花