ニワトコ

Sambucus sieboldiana var. pinnatisecta

  • ニワトコ
  • ニワトコ
  • 花名
    ニワトコ
  • 学名
    Sambucus sieboldiana var. pinnatisecta
  • 別名Japanese red elder, niwatoko, 接骨木, 庭常
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所庭, 低山
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉思いやり、 苦しみを癒す人

ニワトコとは

ニワトコ(庭常、接骨木、学名:Sambucus sieboldiana var. pinnatisecta)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、レンプクソウ科ニワトコ属の落葉低木です。北海道~九州の山野に自生します。木全体が有用な成分を持っているので昔から庭に植えられています。春に円錐花序を伸ばし白い小さな花を咲かせ、夏に赤い小さな果実を実らせます。
使用部位は、若葉や蕾は食用に、材は杖や細工物に、果実は果実酒に、乾燥させた枝葉は生薬に、樹皮や木部は入浴剤に、髄は実験の標本用に、魔除けにされます。

一般名:ニワトコ(庭常)、学名:Sambucus sieboldiana var. pinnatisecta、分類名植物界被子植物真正双子葉類マツムシソウ目ニワトコ属ニワトコ種、又名:Japanese red elder、樹高:3-5 m、葉序:対生、葉形:奇数羽状複葉、葉長:10-30 cm、葉縁:鋸歯、開花期:4-5月、花序形:円錐花序、花色:白、花冠径:0.3-0.5 cm、雄蕊数:5、子房:3、果実型:核果、果実期:6-8月、果実色:赤、果実形:卵球形、果実型:核果、果実長:0.3〜0. 5 cm。


  • マツムシソウ
  • レンプクソウ
  • ニワトコ
  • ニワトコ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色赤 緑
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.5 cm

ランダムな花