アワ

Setaria italica

  • アワ
  • アワ
  • アワ
  • アワ
  • 花名
    アワ
  • 学名
    Setaria italica
  • 別名うるち粟, Bengal grass, Oxtail millet, 粟, Foxtail millet
  • 原産地東アジア
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月

アワとは

アワ(粟、学名:Setaria italica)は、東アジア原産でイネ科エノコログサ属の多年草です。うるち粟のことで、雑穀類として果実が利用されます。エノコログサが原種とされます。縄文時代から食用とされましたが、米が主食とされる現在では単独では食べず、米や麦、粟、豆、黍を混ぜて五穀米等として健康食とされます。栄養価は、糖質、蛋白質、ビタミンB群、鉄分、ミネラル、植物繊維が豊富です。

一般名:アワ(粟)
学名:Setaria italica
分類名:植物界被子植物単子類イネイネ科エノコログサ属アワ種、
別名:Foxtail millet、Bengal grass
原産地:東アジア、環境:畑、
草丈:100〜200cm、葉形:披針形、葉序:互生、
開花期:7月~9月、花序長:15~20cm、花序形:円柱形、花穂色:緑→黄色、果実型:頴果、果実色:黄褐色、用途:雑穀、利用部位:果実


  • イネ
  • イネ
  • エノコログサ
  • アワ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径15.0 ~ 20.0 cm

ランダムな花