ミヤマアキノキリンソウ

Solidago virgaurea subsp. leiocarpa

  • ミヤマアキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • 花名
    ミヤマアキノキリンソウ
  • 学名
    Solidago virgaurea subsp. leiocarpa
  • 別名コガネギク, 深山秋の麒麟草, 黄金菊, Alpine European goldenrod, Miyama akino kirinso
  • 原産地日本、東北アジア
  • 開花場所高山, 亜高山
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉天真爛漫

ミヤマアキノキリンソウとは

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草、学名:Solidago virgaurea subsp. leiocarpa)は、日本、東北アジア原産で、
キク科アキノキリンソウ属の高山性多年草です。
日本の北海道〜本州中部の亜高山、高山の草地や礫地に自生します。
夏〜秋に、散房花序を伸ばし、直径1.5 cm程の黄色い頭花密集させて咲かせます。

一般名:ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)、学名:Solidago virgaurea subsp. leiocarpa、
別名:コガネギク(黄金菊)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科アキノキリンソウ属アキノキリンソウ種ミヤマアキノキリンソウ亜種、
生息地:北海道〜本州中部、生活環境:亜高山~高山の礫地、草丈:15~30 cm、
根生葉はロゼット状、葉序:互生、葉形:長楕円状披針形、葉縁:鋸歯、
放射相称花、花序形:散房花序、花冠形:頭花、花径:1.2~1.5 cm、開花期:7月〜9月、花色:黄、
花の構成:筒状花を舌状花が囲む、
果実形:痩果、備考:蜜源植物。


  • キク
  • キク
  • アキノキリンソウ
  • ミヤマアキノキリンソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型高山性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 30.0 cm
  • 花径1.2 ~ 1.5 cm

ランダムな花