ホウレンソウ

Spinacia oleracea l.

  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • 花名
    ホウレンソウ
  • 学名
    Spinacia oleracea l.
  • 別名Spinach, ほうれん草
  • 原産地中央・西アジア
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月

ホウレンソウとは

ホウレンソウ(ほうれん草、学名:Spinacia oleracea)は、中央・西アジア原産でアカザ科ホウレンソウ属の一年草です。長日植物。雌雄異株で春から初夏にかけて開花します。雄花は花径0.2cmで雄株の茎頂に穂状に多数付きます。雌花は花径0.5 cmで2、3個が雌株の葉腋に付きます。受粉活動を風で行う風媒花です。葉菜類の野菜として食べられます。ペルシア(アラブ)から、中国、江戸時代の日本に渡来し、現在では日常的に食用とされます。東洋種と西洋種、それらを交配した一代雑種があり、現在は性質的に優れている一代雑種が市場を占めています。一代雑種には剣葉系と丸葉系があります。剣葉系の葉は三角形で葉基部に切れ込みがあります。丸葉系の葉は広楕円形で葉に切れ込みはありません。緑黄色野菜であり、ビタミンA、C、E、ミネラル、βカロチン、葉酸、ルテインが豊富に含まれています。ホウレンソウが日常的に浸透しているので、報告・連絡・相談の頭文字をとってホウレンソウというビジネス用語が出来ました。

一般名:ホウレンソウ(ほうれん草) 、学名:Spinacia oleracea、別名:Spinach 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目アカザ科ホウレンソウ属 、原産地:中央・西アジア、生活型:長日植物、雌雄異株、風媒花、一年草、野菜 、草丈:15~40 cm、葉色:緑、開花期:5月、6月、花色:ピンク、黄色、雄花:花径0.2 cmで雄株の茎頂に穂状に多数付く、雌花:花径0.5 cmで2,3個が雌株の葉腋に付く、旬:冬、調理方法:おひたし・胡麻和え・バター炒め、 出荷要日:30日(夏)、90日(冬)。


  • ナデシコ
  • ヒユ
  • ホウレンソウ
  • ホウレンソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    三角形
  • 葉縁
  • 生活型一年性野菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 40.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.5 cm

ランダムな花