エゴノキ

Styrax japonica

  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • 花名
    エゴノキ
  • 学名
    Styrax japonica
  • 別名ジシャ, 萵苣, Japanese snow bell, ちさの木, 斉ゴ木
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 墓地・寺院, 公園
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉壮大

エゴノキとは

エゴノキ(斉ゴ木、学名:Styrax japonica)は、日本原産で、エゴノキ科の耐寒性落葉小高木です。ちさの木(萵苣の木)、ジシャ(萵苣)、野茉莉、ジャパニーズ・スノーベル(Japanese snow bell)とも呼ばれます。初夏に、枝から総状花序を伸ばし、白色または淡紅色の芳香のある小花を房状に下向きにつけます。葉は小さい長楕円形で先端が尖り葉縁に鋸歯があり互生します。7月頃に灰白色の卵形をした可愛い果実がなります。9月から10月に表皮が茶色に変色し、破れて中の種が見え始めます。果皮に有毒成分エゴサポニン(egosaponin)が含まれるので食用とはなりません。用途は、庭木や、公園樹、薪炭などです。似た木に、ハクウンボク(白雲木)があります。見分け方は、ハクウンボクの方が葉が大きいことです。ハクウンボクの学名は S. obassia(S. オオバジャ)と言い、漢字でオオバジシャ(大葉萵苣)、エゴノキはジシャ(萵苣)と呼ばれます。葉形も、エゴノキ(S. japonica)は細長く、ハクウンボク(S. obassia)は丸みを帯びています。また、花柄の長さはエゴノキ(S. japonica)の方が長く、ハクウンボク(S. obassia)は短いです。

一般名:エゴノキ(斉ゴ木)、学名:Styrax japonica、別名:ジシャ(萵苣)、チシャノキ(萵苣の木)、ちさの木(萵苣の木)、野茉莉、ジャパニーズ・スノーベル(Japanese snow bell)、ロクロギ、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類ツツジ目エゴノキ科エゴノキ属、原産地:日本、樹高:2〜10m、樹皮:赤褐色、単葉、葉形:長楕円形、葉長:5〜8cm、托葉:無し、葉序:互生、花序形:総状花序、開花期:5月〜6月、花冠:釣鐘形で5深裂、花径:1.5〜3cm、花色:白・淡紅色、花柄:2〜4cm、雄蕊数:10、果実型:核果、果実形:卵形、結実期:7月(灰白色)から9月(茶色)、実色:灰白色〜茶色、果実長:2cm。


  • ツツジ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • エゴノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径1.5 ~ 3.0 cm

ランダムな花