サワフタギ

Symplocos sawafutagi

  • サワフタギ
  • サワフタギ
  • 花名
    サワフタギ
  • 学名
    Symplocos sawafutagi
  • 別名沢蓋木, 白檀
  • 原産地日本を含むアジア
  • 開花場所低山
  • 開花期5月, 6月

サワフタギとは

サワフタギ(沢蓋木、学名:Symplocos sawafutagi )は、ハイノキ科ハイノキ属の耐寒性落葉低木です。春~初夏に、花茎から円錐花序を伸ばし多数の白花を咲かせます。花弁は5深裂し、長い雄蕊と雌蕊が飛び出します。花後に成る果実は青い球状となります。花名は沢に生え、蓋をしたように見えるほど生い茂ることに拠ります。木材は白檀と呼ばれます。

一般名:サワフタギ、学名:Symplocos sawafutagi 、別名:白檀、ニシゴリ、分類名:ハイノキ科ハイノキ属分布:北海度~沖縄の日本、朝鮮、中国などの東アジア、樹高:100~500cm、葉形:細長い倒卵形、葉縁:小鋸歯、葉序:互生、花序:円錐花序、花色:白、花径:0.7~0.8 cm、開花期:5月~6月、果実:球形の核果、果実色:青、果実径:0.6~0.7cm。


  • カキノキ
  • ハイノキ
  • ハイノキ
  • サワフタギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    倒卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 500.0 cm
  • 花径0.7 ~ 0.8 cm

ランダムな花