ヒメガマ

Typha angustifolia l.

  • ヒメガマ
  • ヒメガマ
  • 花名
    ヒメガマ
  • 学名
    Typha angustifolia l.
  • 別名
  • 原産地北半球の温暖地帯と、南半球のオーストラリア
  • 開花場所湿地
  • 開花期7月, 8月

ヒメガマとは

ヒメガマ(姫蒲、学名:Typha angustifolia L. )は、北半球の温暖地帯と、南半球のオーストラリア原産で、ガマ科の水生多年草(宿根草)です。日本で見られるガマ科の仲間には、ガマ(蒲、学名:Typha latifolia L.)、ヒメガマ(姫蒲、学名:Typha angustifolia L.)、コガマ(小蒲、学名:Typha orientalis Presl)があります。ヒメガマは雌花穂と雄花穂の間が離れており、ガマとコガマは付いています。

一般名:ヒメガマ(姫蒲)、学名:Typha angustifolia L.、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目ガマ科ガマ属ヒメガマ種、原産地:北半球の温暖地帯と、南半球のオーストラリア、環境:湿地、草丈:100~200 cm、開花期:7~8月、花色:薄茶がかった緑~茶色。


  • イネ
  • ガマ
  • ガマ
  • ヒメガマ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型水生多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花