サポナリア・バッカリア

Vaccaria hispanica

  • サポナリア・バッカリア
  • サポナリア・バッカリア
  • 花名
    サポナリア・バッカリア
  • 学名
    Vaccaria hispanica
  • 別名ドウカンソウ, 道灌草, サポナリア, バッカリア, Vaccaria hispanica
  • 原産地スペインなどの欧州
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期4月, 5月

サポナリア・バッカリアとは

サポナリア・バッカリア(学名:Vaccaria hispanica)は、スペインなどの欧州原産で、ナデシコ科バッカリア属の半耐寒性一年草です。日本へは江戸時代に薬用植物として渡来しました。種子が薬用となり、江戸道灌山の薬園に植えられていたのが名前の由来です。春に、枝先から集散花序を伸ばし、一重の小さな5弁花を咲かせます。
白花を咲かせる’バッカリア・ホワイト(Vaccaria white)’と、ピンクの花を咲かせる’バッカリア・ローズ(Vaccaria rose)’があります。切り花や庭植えに使われます。ハダニ等の病害虫が発生しやすいのが難点です。
同属に、宿根草の’サポンソウ(サポナリア オフィシナリス)があります。

分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科バッカリア属、又名:ドウカンソウ(道灌草)、草丈:40~90 cm、葉形:楕円形~卵状披針形、葉序:対生、花径:2 cm、開花期:4月~5月、花色:白、薄桃色。


  • ナデシコ
  • ナデシコ
  • バッカリア
  • サポナリア・バッカリア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 90.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花