タチイヌノフグリ

Veronica arvensis

  • タチイヌノフグリ
  • タチイヌノフグリ
  • 花名
    タチイヌノフグリ
  • 学名
    Veronica arvensis
  • 別名
  • 原産地ユーラシア、アフリカ
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期2月, 3月, 4月, 5月

タチイヌノフグリとは

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢、学名:Veronica arvensis)は、ユーラシア、アフリカ原産で、日本など世界中で帰化植物となっている、オオバコ科クワガタソウ属の越年草の雑草です。這性のオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)、学名:Veronica persica)が直立して立上がったように咲きます。

一般名:タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)、学名:Veronica arvensis、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ゴマノハグサ科クワガタソウ属、原産地:ユーラシア、アフリカ、生息分布:日本や全世界、環境:野原、草丈:10~30 cm、葉形:広卵形、葉身長:0.5~2 cm、葉幅:0.5-1.8 cm、葉縁:鋸歯有り、左右相称花(花の形異なる)、葉序:対生、花序:単頂、花冠:4弁花のように見えるが4深裂、花期:4月~6月、花の出る場所:葉腋、花色:空色、花径:0.4 cm、雄蕊数:2本、雌蕊:1本、果実形:ハート型、果実型:朔果、備考:虫媒花。


  • シソ
  • オオバコ
  • クワガタソウ
  • タチイヌノフグリ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    その他
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草の雑草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花