ツボスミレ

Viola verecunda

  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • 花名
    ツボスミレ
  • 学名
    Viola verecunda
  • 別名坪菫, Viola verecunda, tsubo-sumire
  • 原産地日本
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月

ツボスミレとは

ツボスミレ(坪菫、学名:Viola verecunda)はスミレ科スミレ属ツボスミレ種の多年草です。給料や産地の湿った草地や林内に自生します。花は白地で上弁は2枚は反り返り、側弁2枚には突起毛があり、唇弁に紫色の筋が入ります。

一般名:ツボスミレ(坪菫)、学名:Viola verecunda、又名:ニョイスミレ(如意菫)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目スミレ科スミレ属ツボスミレ種、原産地:日本、分布域:北海道~九州、環境:山野、草丈:5〜20 cm、葉形:ハート型、葉縁:鋸歯あり、葉色:緑、葉身長:4 cm、葉柄長:5 cm、開花時期:4月〜5月、花色:白、花径:1〜2 cm。


  • キントラノオ
  • スミレ
  • スミレ
  • タチツボスミレ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    スミレ形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 20.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花