ワシントンヤシモドキ

Washingtonia robusta

  • ワシントンヤシモドキ
  • ワシントンヤシモドキ
  • ワシントンヤシモドキ
  • ワシントンヤシモドキ
  • ワシントンヤシモドキ
  • ワシントンヤシモドキ
  • 花名
    ワシントンヤシモドキ
  • 学名
    Washingtonia robusta
  • 別名オキナヤシモドキ
  • 原産地アメリカ・カリフォルニア南部〜メキシコ北部
  • 開花場所海外
  • 開花期

ワシントンヤシモドキとは

ワシントンヤシモドキ(オキナヤシモドキ、学名:Washingtonia robusta)は、北米原産でヤシ科の常緑高木です。 非常に高い幹の先端に掌状の葉を茂らせます。葉縁には白糸状のものが目立ちます。 枯れた葉は落下することなく蓑のような姿で幹に付いています。 ワシントンヤシ(オキナヤシ、学名:Washingtonia filifera)の近縁で、和名はそこから来ています。 属名はワシントン大統領の名に因みます。路樹として用いられます。 ワシントンヤシとワシントンヤシモドキとは、お互いによく似ています。

+ワシントンモドキとワシントンヤシの違い
ワシントンモドキはワシントンヤシに比べて、幹周りが細く基部に肥大が見られ成長が早いです。すなわち、ワシントンヤシは樹が肥大化していますが、基部は肥大化しません。日本では、殆どワシントンモドキが植栽されています。

一般名:ワシントンヤシモドキ(Washington椰子擬き)、 学名:Washingtonia robusta、分類目:植物界被子植物門単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科ワシントンヤシ属ワシントンヤシモドキ種、別名:Mexican Washingtonia、Mexican fan palm、オキナヤシモドキ(翁椰子擬き)、オニジュロ(鬼棕櫚)、シラガヤシ(白髪椰子)、原産地:アメリカ・カリフォルニア南部~メキシコ北部、生活型:常緑高木、樹高:20~30m、幹径:50cm、幹周り:90cm、樹皮色:灰色、葉形:掌状で葉縁に白糸状のものが目立つ、用途:街路樹、公園樹、備考:属名はワシントン大統領の名に因む。


  • ヤシ
  • ヤシ
  • ワシントンヤシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    卵形/楕円形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
  • 生活型常緑高木
  • 花の色黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花