ハコネウツギ

Weigela coraeensis

  • ハコネウツギ
  • ハコネウツギ
  • ハコネウツギ
  • ハコネウツギ
  • 花名
    ハコネウツギ
  • 学名
    Weigela coraeensis
  • 別名箱根空木, Weigela coraeensis
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 海岸
  • 開花期5月, 6月

ハコネウツギとは

ハコネウツギ(箱根空木、学名:Weigela coraeensis)は日本原産でマスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木です。初夏に、白や淡紅色、紅色の小花を同じ木に咲かせます。色が混じるのは、咲き始めが白で、その後、淡紅色、紅色と花色が濃くなるためです。花は漏斗状をしており先端が5裂します。一本の木や枝に、赤花と白花を付けることから、源氏の白旗、平家の赤旗をもじって、ゲンペイウツギ(源平空木)とも呼ばれます。このように赤花と白花が混じって咲く木には他にゲンペイウメ(源平梅)があります。

一般名:ハコネウツギ(箱根空木)、学名:Weigela coraeensis、別名:ゲンペイウツギ(源平空木)、サキワケウツギ(咲き分け空木)、ベニウツギ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マツムシソウ目スイカズラ科タニウツギ属ウコンウツギ種、原産地:日本、環境:海岸、樹高:3~4m、開花期:5月~6月、花色:白・淡紅・紅、花形:漏斗状、花径:2~3cm、結実期:11月、用途:庭木、庭園樹。


  • マツムシソウ
  • スイカズラ
  • タニウツギ
  • ハコネウツギ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    多散花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉低木
  • 花の色白 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 400.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花