ケヤキ

Zelkova serrata

万葉集でよまれた草木

  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • 花名
    ケヤキ
  • 学名
    Zelkova serrata
  • 別名欅, Japanese zelkova
  • 原産地日本、韓国、台湾、中国
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期4月, 5月

ケヤキとは

ケヤキ(欅、学名:Zelkova serrata)とは、東アジア原産で、ニレ科ケヤキ属の落葉高木です。日本の本州から九州に自生します。
樹高は20mで大きいものは50mにもなります。樹皮は灰褐色です。葉は狭卵形で先端が尖ります。葉縁に鋸歯が有り、葉は茎に互生で付きます。緑色の葉は秋に紅葉します。雌雄同株で雌雄異花。
ソメイヨシノ(染井吉野)と同様、花は葉の出る前に咲きます。
開花は4月~5月で、葉腋から単生または束状の雌花を、束状の雄花を伸ばします。花弁は無く、花色は雄花も雌花も黄緑色で花径は0.2~0.3cm程です。花後の10月に、、果実径0.4~0.5cmで稜角のある扁球形の痩果を成らせます。果実は最初緑色ですが、熟すと灰黒色になります。
大木となり、木目が美しく材質が堅い、秋の紅葉が美しいので、樹木は公園樹や街路樹、庭木、防風林に、木材は、神社や家の大黒柱などの建築材、家具、木造器具に、樹皮は染料に、果実は野鳥や野生動物の餌に使われる有用な木です。名前の由来は、目立つという意味の、古語のケヤケシから付けられました。

一般名:ケヤキ(欅)、学名:Zelkova serrata、別名:ツキ、ツク(いずれも、槻)、Japanese zelkova、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目ニレ科ケヤキ属、生息分布:東アジアと日本の本州から九州、生活型:落葉広葉高木、樹高:20m(大きいものは50mに)、樹皮:灰褐色、葉色:緑→紅葉(秋)、葉形:狭卵形で先端尖る 鋸歯:有り、葉序:互生、雌雄同株、雌雄異花、開花期:4月~5月、花の出る場所:葉腋、花序:単生または束状(雌花)、束状(雄花)、花弁:無し、花色:黄緑色(雄花、雌花とも)、花径:0.2~0.3cm、結実期:10月、果実型:痩果、果実形:稜角のある扁球形、果実色:緑→灰黒色、果実径:0.4~0.5cm、用途:樹木は公園樹や街路樹、庭木、防風林に、木材は、神社や家の大黒柱や柱などの構造材、和家具、和箪笥、お盆、お椀、太鼓、木造器具に、樹皮は染料に、果実は野鳥や野生動物の餌に。特徴:大木となる、木目が美しい、材質が堅い、秋の紅葉が美しい。名前の由来:目立つという意味の、古語語のケヤケシから。備考:ケヤキヒトスジワムシという虫こぶが付く、繁殖は実生。


  • バラ
  • ニレ
  • ケヤキ
  • ケヤキ
  • 花のタイプ
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ2000.0 ~ 5000.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.3 cm

ランダムな花