ソメイヨシノ

日本の春を代表する花

  • ソメイヨシノ_img_0

    ソメイヨシノ @ 京都府立植物園

  • ソメイヨシノ_img_1

    ソメイヨシノ @ 京都府立植物園

  • ソメイヨシノ_img_2

    ソメイヨシノ @ 京都府立植物園

  • ソメイヨシノ_img_3

    ソメイヨシノ @ 清澄白河

  • ソメイヨシノ_img_4

    ソメイヨシノ @ 京都府立植物園

  • ソメイヨシノ_img_5

    ソメイヨシノ @ 清澄白河

基本情報

花名
ソメイヨシノ
英名
Somei yoshino
学名
Cerasus ×yedoensis
別名
Someiyoshino, サクラ, Sakura, 染井吉野, 桜
原産地
日本
生活型
落葉広葉高木

コメント

ソメイヨシノ(染井吉野、学名:Cerasus ×yedoensis cv. yedoensis )は、日本の春を代表するバラ科サクラ属の落葉高木「サクラ(桜)」の代表品種です。本種はオオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に、東京の染井(現在の駒込)から全国に広まりました。樹皮は黒い。葉が出る前の4月、枝から伸びた散房花序に薄桃色の5弁花を4から5個束生させて付けます。葉の無い状態で花を一斉に咲かせるので、華やで優しい桃色の景観が辺りを春の雰囲気に満たします。散り際のサクラ吹雪も風情があります(後の掃除が大変だと思いますが)。秋に紅葉してこれも見事です。

一般名:ソメイヨシノ(染井吉野)、学名:Cerasus ×yedoensis cv. yedoensis 、国花に準ずる花:日本、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属ソメイヨシノ種、原産地:日本。

詳細情報

バラ
バラ
サクラ
ソメイヨシノ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道公園街路、植栽
ピンク
開花時期
4月
高さ
300 ~ 1000 [cm]
花径
3 ~ 3.5

アクセスランキング(日別)

アツミゲシ_img
コケサンゴ_img
テマリソウ_img
ゼラニウム_img

ランダムな花

ツバキ カモホンナミ_img
モウソウチク_img
ジンチョウゲ_img
ゲレズノウィア・ヴェルコーサ_img
トウネズミモチ_img
ヤエシダレザクラ_img
ウォーターポピー_img
ツルラン_img
サクラ_img
花菖蒲 ’大盃'_img
ハトムギ_img
ベニバナアマ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved