白三連チャンは何か怪しい!?万葉集草木シリーズ38.ミツバツツジ

ミツバツツジ(三葉躑躅、学名:Rhododendoron dilatatum)とは、日本固有種で、ツツジ科ツツジ属の落葉広葉低木です。開花の早いツツジです。葉が3枚ずつ枝に輪状に付くのが特徴です。花色には白や、ピンク、赤紫があります。万葉集では以下のように詠われています。


万葉集


第9巻 第1694首 作者:​柿本人麻呂 題詞:鷺坂作歌一首


原文


細比礼乃 鷺坂山 白管自 吾尓尼保波尼 妹尓示



栲領巾(たくひれ)乃(の) 鷺坂山(さぎさかやま)の 白(しら)管自(つつじ) 吾(我れ)尓(に)尼保波(匂ほは)尼(に) 妹(いも)尓(に)示(示さむ)

たくひれ(*1)の 鷺坂山(さぎさかやま *2)の 白躑躅(しろつつじ) 我れに匂ほはに 妹に示さむ


意味


白いスカーフのような羽を持つ鷺、鷺(白い鳥)と名が付く鷺坂山に咲く 白ツツジ 穢れなき純白を私(の衣)に染め付けてよ (帰って)妻に誇示したいから。

これだけ、白三連チャンを強調するのは何か疚(やま)しい(身が潔白でない、浮気が疑われる)から?

*「たくひれ」とは、栲(こうぞ)の繊維で作った衿の白い飾り布のこと。白いスカーフのようなもの。女性の装束とされますが、古代は男女ともに着用していたらしい。
 鷺(さぎ=白い鳥)にかかる枕詞。鷺の翅は真っ白。
「鷺坂山(さぎさかやま)」は、京都府城陽市久世にある丘と言われ、鷺名が付き真っ白なイメージを強調し、さらに白ツツジが登場。

詳しくはこちらへ ... 以下本文に続く

■関連ページ
白三連チャンは何か怪しい!?万葉集草木シリーズ38.ミツバツツジ かぎけん花図鑑 花日記2023年1月24日
特集 万葉集でよまれた草木

  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑
  • 三葉杜鵑

其他文章