万葉集草木シリーズ19.ツボスミレ

ツボスミレ(坪菫、学名:Viola verecunda)は、日本原産で、スミレ科スミレ属ツボスミレ種の有茎性の多年草です。北海道~九州の丘陵や山地の湿った草地や林内に自生します。万葉集にツボスミレを詠ったうたがあります。


万葉集の巻と作者名


巻八(1444) 作者:高田女王(たかたのおほきみ)


【原文】


山振之 咲有野邊乃 都保須美礼 此春之雨尓 盛奈里鶏利


【よみ】


やまぶき(山振=山吹)の さき(咲き)たる(のへ(野辺)の つぼ(都保)すみれ(須美礼) このはる(春)のあめ(雨)に もり(盛り)なりけり


【意味】


山吹の咲いている野辺の つぼすみれが この春の雨に 沢山咲いていますね。

詳しくはこちら ... 以下本文に続く

■関連ページ
万葉集草木シリーズ19.ツボスミレ かぎけん花図鑑 花日記2023年1月5日
特集 万葉集でよまれた草木

  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ
  • ツボスミレ

他の記事