世界の国花 GWギニアビサウ共和国

世界の国花 GWギニアビサウ かぎけん花図鑑花日記2022年7月1日

 ギニアビサウ共和国 Guinea-Bissau GW

「ギニアビサウ」のように国名に「ギニア」と付く国には、「ギニアビサウ」の他、「ギニア」、「赤道ギニア」、「パプアニューギニア」があり、それぞれ別の国です。いずれも過去にヨーロッパによる支配を受けその後独立しまし、その影響が公用語に残ります。

「ギニアビサウ」は西アフリカにあり、ポルトガルから独立し、公用語はポルトガル語
「ギニア」は西アフリカにあり、フランスから独立し、公用語はフランス語
「赤道ギニア」は中部アフリカにあり、スペインから独立し、公用語(第一公用語)はスペイン語
「パプアニューギニア」は南太平洋にあり、オーストラリアから独立し、公用語は英語

ギニアビサウの国花はトウモロコシ


トウモロコシ(玉蜀黍 、学名:Zea mays)は、南米アンデス山麓、中米メキシコ原産で、イネ科トウモロコシ属の一年草です。

ギニアビサウ共和国(日本語)、Guinea-Bissau(English)、几内亚比绍共和国(中国語)、GW

■関連ページ
特集 世界の国花花日記特集 世界の国花 Classic

  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ
  • トウモロコシ

他の記事