かぎけん花図鑑

ロフォミルタス・キャサリン

基本情報
花名
ロフォミルタス・キャサリン
英名
Edging lobelia
学名
Lophomyrtus ralphii
別名
Lophomyrtus Kathryn, Lophomyrtus ralphii
原産地
ニュージーランド
生活型
耐寒性常緑低木、観葉植物
コメント
ロフォミルタス・キャサリン(Lophomyrtus Kathryn、学名:Lophomyrtus ralphii)は、ニュージーランド産で、フトモモ科ロフォミルタス属の耐寒性常緑低木です。チョコレート色の枝葉がブーケなどで使われます。葉は小さく、丸く、光沢があります。フラワーアレンジメントの枝物として花材に使われ、全体の雰囲気を引き締める役割を担います。
一般名:ロフォミルタス・キャサリン(Lophomyrtus Kathryn)、学名:Lophomyrtus ralphii、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目フトモモ科ロフォミルタス属 、原産地:ニュージーランド、樹高:50~200cm、単葉、放射対称、花色:白、花弁数:4~5枚、花径:1.5cm、開花期:8月~11月、葉径:1~2cm、葉色:赤茶
詳細情報
フトモモ
フトモモ
フォミルタス
ロフォミルタス・キャサリン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花 鉢花 特定の地域
開花時期
8月 9月 10月 11月
高さ
50  ~ 200  [cm]
花径
1.5  ~ 1.5