クルマバツクバネソウ

  • クルマバツクバネソウ_img_0
    クルマバツクバネソウ @ 上高地

基本情報

花名
クルマバツクバネソウ
英名
Paris verticillata
学名
Paris verticillata
別名
車葉衝羽根草, Paris verticillata
原産地
日本、朝鮮、中国、シベリア
生活型
亜高山植物、多年草

コメント

クルマバツクバネソウとは

クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草、学名:Paris verticillata)は、日本、朝鮮、中国、シベリア原産で、メランチウム科ツクバネソウ属の多年草です。北海道・本州・四国までの日本の山地帯から亜高山帯の林下に生息します。草丈は脛高さで茎頂に6〜8枚の葉柄の無い葉を輪状に出します。初夏、茎頂に薄黄緑色の花を上向きに1個つけます。

一般名:クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) 、学名:Paris verticillata 、シノニム:Paris hexaphylla、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ユリ目メランチウム科ツクバネソウ属クルマバツクバネソウ種、生息分布:北海道・本州・四国までの日本、生息環境:日本の山地帯から亜高山帯の林下、生活型:多年草、草丈:20〜30cm、葉柄:無し、葉枚数:6〜8枚、葉形:倒披針形、葉身長:5〜20cm、葉脈:3本が目立つ、葉先:尖る、葉縁:全縁、花色:薄黄緑色、花:1個、開花期:6月〜7月、花径:5cm、萼片:4枚、花柱:4本、雄蕊数:8本、子房:黒紫色、 果実形:球形、果実型:液果、果実色:黒熟、繁殖方法:根茎を伸ばす。

詳細情報

ユリ
メランチウム
ツクバネソウ
クルマバツクバネソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
ユリ形
葉のタイプ
倒披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山亜高山
緑, 黄
開花時期
6月7月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
4 ~ 6

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ブラシノキ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

アッケシソウ_img
グラジオラス_img
ハルニレ_img
ヒメシャラ_img
エゾムカシヨモギ_img
スイートピー_img
カボチャ_img
ミルメコフィラ ティビキニス_img
サンケジア・スペキオサ_img
ボケ_img
ヒマラヤユキノシタ_img
ナラガシワ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved