かぎけん花図鑑

ヒツジグサ

基本情報
花名
ヒツジグサ
英名
Nymphaea tetragona
学名
Nymphaea tetragona
別名
ニムファテトラゴナ, 未草
原産地
日本
生活型
耐寒性水生多年草植物
コメント
ヒツジグサ(未草、学名:Nymphaea tetragon)は、日本などが原産で、スイレン科スイレン属の耐寒性水生多年草植物です。寒さに強く初夏から秋に、低山~亜高山の湿原に生えます。世界最小のスイレン(睡蓮)です。花径は3~5 cmです。スイレンは外国産の園芸品種が多い中、このヒツジ草は日本に自生し、ヒメスイレン(姫睡蓮)など小型スイレンの園芸品種の親とされます。夏に下茎から長く伸びた葉と花柄が水面に浮かび、小さな白花を咲かせます。花弁と萼が白く、雄蘂は黄色、葉は緑色です。花は外側の4枚の萼片と、内側の10枚程の花弁から構成されます。葉縁は全縁で、基部に切れ込みがあり、パックマンのように開口しています。花名の未とは未の刻(午後2時)を意味しますが、実際には朝から夕方まで咲きます。花は毎日開閉を繰り返します。ハス(蓮)と異なり葉に撥水性はありません。
一般名:ヒツジグサ(未草)、学名:Nymphaea tetragona(ニムファテトラゴナ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類スイレン目スイレン科スイレン属、原産地:日本、水面から10~30 cm、開花期:6月~11月(最盛期は7月)、花色:白、花径:3~5 cm、開花時間:午前6時頃開花し、16時頃閉花。 
詳細情報
スイレン
スイレン
スイレン
ヒツジグサ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
亜高山 低山 湿地 温室
開花時期
6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
10  ~ 30  [cm]
花径
3  ~ 5