フウセンカズラ

  • フウセンカズラ_img_0
    フウセンカズラ @ 新宿御苑
  • フウセンカズラ_img_1
    フウセンカズラ @ 清澄白河
  • フウセンカズラ_img_2
    フウセンカズラ @ 清澄白河
  • フウセンカズラ_img_3
    フウセンカズラ @ 清澄白河
  • フウセンカズラ_img_4
    フウセンカズラ @ 清澄白河

基本情報

花名
フウセンカズラ
英名
Candiospermum halicacabum
学名
Candiospermum halicacabum
別名
ハートピー, バルーンバイン, 風船葛, Heart pea, Balloon Vine
原産地
熱帯アメリカと東南アジア
生活型
緑蔓性1・2年草

コメント

フウセンカズラとは

フウセンカズラ(風船葛、学名:Candiospermum halicacabum)は、ムクロジ科フウセンカズラ属の常緑蔓性1・2年草です。風船のような果実が観賞用として人気です。夏から初秋に白い小さな四弁花を咲かせ、晩夏から秋に筋のある風船のような可愛い実をつけます。果実が風船状なので、英名では、バルーンバイン(Balloon Vine)と呼ばれます。種子が黒地に白いハート状模様があることから、ハートピー(Heart pea)とも呼ばれます。原産地が熱帯アメリカと東南アジアのせいか、暑さに強く、寒さにとても弱いです。ほかに、風船のように膨れる植物には、フウセントウワタ(風船唐綿)があります。

一般名:フウセンカズラ(風船葛)、学名:Candiospermum halicacabum、別名:ハートピー(Heart pea)、バルーンバイン(Balloon Vine)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ムクロジ科フウセンカズラ属、原産地:熱帯アメリカ・東南アジア、生活型:常緑蔓性1・2年草、蔓長:2~3 m、葉色:緑、葉形:三出複葉、葉縁:荒い鋸歯あり、花色:白、花径:0.5 cm、開花期:7月~9月、結実期:8月~11月、果実形:風船状、果実径:3 cm、果実色:緑→黄緑→茶色(枯れる)、種子形:球状、種子色:黒地に白いハート状の模様。

詳細情報

ムクロジ
ムクロジ
フウセンカズラ
フウセンカズラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
7月8月9月
高さ
200 ~ 300 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

カンナ_img
ルドベキア・カプチーノ_img
ディモルフォルキス・ローウィ_img
ハナセンナ_img
チョウセイマル_img
レンブ_img
シンビジウム_img
マグノリア 'ロベルスドリーム'_img
アカザ_img
菊 彩胡優美_img
オクラ_img
キンカチャ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved