かぎけん花図鑑

ヘラオオバコ

基本情報
花名
ヘラオオバコ
英名
Plantago lanceolata
学名
Plantago lanceolata
別名
イギリスオオバコ, プランターゴ, Buckhorn plantain, Ribgrass, Ribwort, English plantain, Common plantain
原産地
欧州
生活型
欧州から帰化した多年性雑草
コメント
ヘラオオバコ(箆大葉子、学名:Plantago lanceolata)は、ヨーロッパ原産で、夏に野原や空き地で見かけるオオバコ科オオバコ属の多年性の雑草です。江戸時代末期に渡来し、日本に帰化しています。葉は全て根生葉(根元に生える葉)で、細長いヘラ状です。春~夏に、茎先端につける花穂は穂状花序で白花が下から上へ順に咲き上がります。
同属で、似た花に、オオバコ(大葉子、学名:Plantago asiatica)があります。花はミジンコのようでヘラオオバコよりさらに小さく、葉は卵形~楕円形で丸みがあり大きいです。

ヘラオオバコの情報


一般名:ヘラオオバコ(箆大葉子) 、学名:Plantago lanceolata(プランターゴ) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目オオバコ科オオバコ属ヘラオオバコ種、 別名:イギリス・オオバコ(イギリス箆大葉子)、Buckhorn plantain、Ribgrass、Ribwort、English plantain、Common plantain 、原産地:欧州 、生活型:多年草、外来種、雑草、草丈:30〜50 cm、葉長:10~20 cm、葉幅:1.5~3 cm、葉:全て根生葉(根元に生える葉)、葉形:細長いヘラ状、葉縁:短い波状の鋸歯、花序形:円柱状の穂状花序、花序長:30 cm、花序径:1 cm、開花期:6月~8月、花色:白、両生花。
詳細情報
シソ
オオバコ
オオバコ
ヘラオオバコ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
3月 4月 5月 6月 7月 8月
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
1  ~ 1