クワイ

  • クワイ_img_0
    クワイ @ 城ヶ崎海岸
  • クワイ_img_1
    クワイ @ 城ヶ崎海岸
  • クワイ_img_2
    クワイ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
クワイ
英名
Threeleaf Arrowhead
学名
Sagittaria trifolia l. 'caerulea'
別名
田草, 慈姑, Hreeleaf arrowhead
原産地
東南アジア、中国(栽培種)
生活型
多年生水生野菜

コメント

クワイとは

クワイ(慈姑 、学名:Sagittaria trifolia L. 'Caerulea')は、東南アジア、中国(栽培種)原産で、オモダカ科オモダカ属の多年生水生野菜です。 オモダカ(面高)の塊根が肥大化したもので、 世界中の温帯、熱帯地域の水田で栽培されます。草丈は50~70cmで、葉は緑色で、葉形は独特の先端が矢じり形をした三つ葉状をしています。英名では、葉形から、Threeleaf Arrowheadと呼ばれます。夏~秋、雌雄異花で白い3枚の花弁を持つ花を咲かせます。江戸時代から食用とされており、味はユリ根に似ていますがやや苦味があります。旬は、11月~12月です。 必ず芽が出ることから正月用の目出度い食べ物とされます。 種類には、青クワイ、白クワイ、吹田クワイ(大阪)があります。 中国や日本では塊茎を食用とされ、西洋では観葉植物とされます。

一般名:クワイ(慈姑) 、学名:Sagittaria trifolia L. 'Caerulea'、 別名:田草、Threeleaf arrowhead、分類名:植物界被子植物単子葉植物綱オモダカ目オモダカ科オモダカ属オモダカ種クワイ変種 、原産地:東南アジア、中国(栽培種)、生息分布:世界中の温帯、熱帯地域、環境:水田、葉身長:20~40 cm、葉形:矢尻形、葉縁:全縁、開花期:7月~10月、花序形:円錐花序、花色:白、花径:0.5~2cm、料理方法:正月料理、煮物、種類:青クワイ、白クワイ、吹田クワイ(大阪)、旬:11月~12月、食用の可否:可、食用部分:塊茎、味:ユリに似るが苦味がある、用途:食用、観葉植物、備考:江戸時代から食用とされた。

詳細情報

オモダカ
オモダカ
オモダカ
オモダカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
3弁花
葉のタイプ
矢じり形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
田んぼ
開花時期
7月8月9月10月
高さ
50 ~ 70 [cm]
花径
0.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img
スイセンノウ_img

ランダムな花

エキザカム_img
クロビイタヤ_img
タイワンニンジンボク_img
ツバキ 金魚葉椿_img
アーポフィラム・ギガンチューム_img
フイリウスバリュウゼツラン_img
コナラ_img
ツバキ クレナイ_img
ナシ_img
カンザキオオシマ_img
ウツボグサ_img
ストロベリー グアバ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved